ヒーリングを統合し、人生に活かす秘密

2013年10月の記事一覧

エネルギーの一貫して分かるセラピスト養成②

<更新日時> 10月31日(木) 14:56

●エネルギーの一貫して分かるセラピスト養成②

こんにちは。
エネルギーヒーリング講座の綿貫 憲です。

私は、「エネルギーの一貫して分かるセラピストの養成」を目指して活動しています。

このことの社会的な影響は、計り知れません。

一人の人が本当にセンターと呼ばれる場所、魂の叡智に、本当にアクセスするだけでも、

世界は変容します。

スキルを全てマスターし、使い続けた後の世界、

それは、内なる力、自分のあり方と価値観に対する揺るがない信頼です。
同時に、それをベースとした2次的効果として、自分を愛し、人生を愛し、他の人を愛し、社会を愛することの、社会的影響は計り知れないものがあると思います。

さて、人のエネルギーですが、人のエネルギーには、大きく分けて、私達の本質的資質(ボソン)と、感情のエネルギー(フェルミオン)の2種類あります。

このように分けて書くと、人のエネルギーについての理解が深まると思います。

人の本質的資質(ボソン)は愛と呼ばれ、それにアクセスするにも、大きく分けて2通りの方法があります。

一つは、クォンタムタッチに代表されるように直接アクセスする方法、もう一つは、セルフクリエイテッドヘルス(SCH)や、感情と症状のワーク、DMに代表されるような、対消滅を使う方法です。

一般に前者の方が早くて簡単ですが、後者の方が、遥かに深いレベルで人生の様々な面に変容をもたらします。

それは、どうしてでしょうか?

なぜ、そうなのでしょうか?

幾つか理由がありますが、最も大きい理由は、その役割の違いにあります。

感情のエネルギーと言うのは、私たちが、その本質的資質から離れている時に、
それを教えてくれるために存在しているものだからです。

決して、排除するものではなく、それを上手く活用することがとても大切です。

食べたことのないケーキや、たこ焼きの味は分からないのと同じように、体験してみないと、活用してみないと、その奥深さは決して分かりません。

あなたも、試してみませんか?

そのセルフクリエイテッドヘルス(SCH)のワークショップを東京、大阪と開催します。

ホームページはこちらです。
⇒ http://www.plenumlove.com/sch

◆◆◆ 直近のイベント ◆◆◆

QT1(12/14-15)
QT2(11/26-27), (1/18-19)
SCH(東京:11/16-17)、(大阪:12/7-8)
感情と症状のワークショップ(大阪:1/14-15)

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

■ セラピストのための講座案内
■ 個人セッションメニュー
■ クォンタムタッチ1の感想
■ クォンタムタッチ2の感想
■ セルフクリエイテッドヘルスの感想
■ 感情と症状のワークの感想

■ 無料メルマガ、クォンタムタッチ無料レポート

※最新のイベントは左上の枠内をご覧下さい。

【お問合せ】
■ お電話は、072-819-5940へ
■ 携帯でも使えるメールフォームでのお問合せ

心と身体、エネルギーの分かるセラピストの養成①

<更新日時> 10月31日(木) 00:52

●心と身体、エネルギーの分かるセラピストの養成①

こんにちは。
エネルギーヒーリング講座の綿貫 憲です。

「心と身体、エネルギーの分かるセラピストの養成」を掲げてから、

たまに、

「受講者はすでにヒーラーやセラピストとして活躍されている方ばかりでしょうか?
私のように初めてで、自分を癒やしたいという思いで受講される方はいらっしゃいますか?」

と言うご質問を頂くことも出てきてしまいました。(苦笑)

すぐに誤解は溶けたようですが、・・・

むしろ自分を癒すことに意識がいっている方は、ヒーリングの先駆者であると思います。

自分を癒すことが、実は、本質的であること、
に多くの方は、学ばれる過程で気付かれるからです。

自分自身について、取り組まれる大切さを知っておられる方は、

セラピストとして活躍に意識がいっている方や、
人を癒すことに意識がいっている方より、

むしろ様々な事を身に付けるのが早いと思います。

これは、私自身の経験からも、私の周囲の方の経験からも、
受講生さんの経験からも、確信を持って言えます。

自分自身について、是非、取り組まれて下さい。

それには、マインドの働きを理解することが、本質的です。 
人生をマスターする事は、マインドをマスターする事と、
実は等価だからです。

セルフクリエイテッドヘルスは、感情のエネルギーの理解と同時に、
マインドの働きの理解の入門に実は、最適なワークショップです。

また、QTがどうしても、上手く使えないと感じておられる方にも、
こちらは、実はお薦めです!

東京で11月16~17日に開催します。

大阪では12月7~8日開催です。

ホームページ(SCH)はこちらです。

愛の智慧の感情面からの探求、そして、エネルギーの本当に分かるセラピスト養成のスタート(入門)に、最適なワークショップだと思います。

また、今後は愛の智慧の探求し、智慧への愛をシェアし、エネルギーの本当に分かるセラピスト養成にますます特化&集中しようと思っています。

私達は、愛する人を失うかもしれません。
住んでいる場所を失うかもしれません。
お金も失うかもしれません。

しかし、愛と智慧は私たちの中で永遠に失われることはありません。

それこそが、エネルギーであり、そして、私達の人生の本質がそこには、凝縮されています。

◆◆◆ 直近のイベント ◆◆◆

QT1(12/14-15)
QT2(11/26-27), (1/18-19)
SCH(東京:11/16-17)、(大阪:12/7-8)
感情と症状のワークショップ(大阪:1/14-15)

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

統計力学的考察から分かった事: なぜ、エントロピーが下がるのか?

<更新日時> 10月21日(月) 01:10

●統計力学的考察から分かった事

こんにちは。
エネルギーヒーリング講座の綿貫 憲です。
統計力学的考察から現時点で分かった事を簡単に列挙しておきますね。

(1)生命エネルギーとオーラが共に存在している統計力学的な証拠
(逆に言えば、両者が共に存在していないと理解できない現象の存在)

(2)生命エネルギーによる自然治癒プロセスの統計力学的理解
(エントロピーの低下と内部エネルギーの増加が同時に進行する現象)

(3)オーラをグランドカノニカル分布の熱浴と考えると、生命エネルギーの密度(粒子数)は、人間版化学ポテンシャルのExpで効いてくること
(次元解析から、エネルギーの次元を持つ量で、「意識」と呼ぶのが一番ふさわしいと思います。 将来、他に適切な言葉を思いつくかもしれません。)

(4)クォンタムタッチでいうと、QT1よりQT2の方がエネルギーが遥かに強い理由の説明も同時にできてしまいました。(Expで効くので当然ですが、・・)

こんなところですね。 

未だ何か新しいことが産まれるかもしれないし、新しい発見を、どう公表していくかを十分、考えられていません。

そこで、お力をお貸しいただける方、「人の意識、生命エネルギーの統計力学的基礎研究」の共同研究も募集します! お声かけ下さい。

◆◆◆ 直近のイベント ◆◆◆

QT1(10/22-23)、(12/14-15)
QT2(10/26-27), (11/26-27), (1/18-19)
SCH(東京:11/16-17)、(大阪:12/7-8)
感情と症状のワークショップ(大阪:1/14-15)

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

■ セラピストのための講座案内
■ 個人セッションメニュー
■ クォンタムタッチ1の感想
■ クォンタムタッチ2の感想
■ セルフクリエイテッドヘルスの感想
■ 感情と症状のワークの感想

■ 無料メルマガ、クォンタムタッチ無料レポート

※最新のイベントは左上の枠内をご覧下さい。

【お問合せ】
■ お電話は、072-819-5940へ
■ 携帯でも使えるメールフォームでのお問合せ

統計物理学 上/岩波書店

¥4,935
Amazon.co.jp

人のオーラ、意識と生命エネルギーの一貫した理解: 統計力学的な考察

<更新日時> 10月20日(日) 19:44

●人のオーラ、意識と生命エネルギーの一貫した理解: 統計力学的な考察

こんにちは。
エネルギーヒーリング講座の綿貫 憲です。

「オーラと生命エネルギーの一貫した理解」を目指して、実はこの一週間ぐらい統計力学の計算と、統計力学の勉強に注力していました。

おそらくは、世界で私以外に、誰もこのような人間の系での、グランドカノニカル分布からの計算と統計力学的考察に、真面目に取り組んだ人はいないと思うのです!

私自身、今回の残された人生の間に、人のエネルギーについて、この世界について、できるだけ深い真実にせまりたいと思って、現在も研究を続けています。

オーラと生命エネルギーを理解することは、

「人間とは一体、何なのか?」

「ヒーリングの統計力学的メカニズムは?」

に迫るとても大切な事柄で、だからこそ、この研究は面白いし、意義が深いこともこのブログではお伝えしておきたいと思います。

そして、実は、これで狙えることは、

「私達の意識の働きの科学的理解の第一段階でもあること」

も、お伝えしておきたいと思います。

但し、これは、熱力学や統計力学といった理論物理学の背景知識がある程度ないと出来ないと思います。 (そんなに難しくないですが、・・・)

生命をグランドカノニカル分布で扱う事、そして、熱浴&粒子源になるような熱浴があると仮定することによって、初めて、生命エネルギー、及び、各種ヒーリングの現象が熱力学&統計力学的に、首尾一貫して説明できることが分かりました。

Gibbs の19世紀(1800年代後半)の統計力学の業績をそのまま使えます。そういう意味からクォンタムタッチではなく、クラシカルアンタッチ??

理解できたまさに、その瞬間、そのように思いました。

これは、生命エネルギーが産まれる複数あるプロセスの一つにすぎません。

最近の不安定な天候をなんとなく感じながら、同時に、

人間の偉大さ、粒子数の変化を許すGibbs統計(グランドカノニカル分布)とオーラの果たす熱力学的、統計力学的な役割に感銘を受け、驚きと、喜びと、疑いと、感動と、これをどうしよう???という戸惑いの3日ほどが過ぎ、決めました!

この智慧もなるべく分かりやすく様々な機会にシェアしていきたいと思います。
説明する方が難しいものです。

未だ何か新しいことが産まれるかもしれないし、新しい発見を、どう公表していくかを十分、考えられていません。

そこで、お力をお貸しいただける方、「人の意識、生命エネルギーの統計力学的基礎研究」の共同研究も募集します! お声かけ下さい。
(熱力学、統計力学、特にグランドカノニカル分布の知識が必要です。)

◆◆◆ 直近のイベント ◆◆◆

QT1(10/22-23)、(12/14-15)
QT2(10/26-27), (11/26-27), (1/18-19)
SCH(東京:11/16-17)、(大阪:12/7-8)
感情と症状のワークショップ(大阪:1/14-15)

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

統計物理学 上/岩波書店

¥4,935
Amazon.co.jp

綿貫 憲のプロフィール

【無料レポート】

Plenum:お薦めページ

目次

コンテンツ